サイディング張り替え(ガルバリウム鋼板 )・ 防水工事・カバー工法・軽量屋根なら株式会社 平野塗装にお任せください!

外壁リフォームをお考えの方へ「ハリカエ」が提案する外壁リフォーム

外壁リフォームをお考えの方へ「ハリカエ」が提案する外壁リフォーム

当社イメージキャラクター「ハリカエ師匠」

外壁リフォームをお考えの方へ「ハリカエ」が提案する外壁リフォーム

お住まいにこんなお悩み
ございませんか?

〜 お悩みをクリックすると、
おすすめリフォームがご覧いただけます 〜

Reform01

サイディング(ボード)の
張り替え

サイディング(ボード)の張り替え

サイディング(ボード)は、建物の外側に張る板状の外壁材のことです。貼り付け工事だけで仕上がるので、工期が短く手間がかからないことから、現在の戸建住宅ではサイディングが主流となりました。
サイディングの材質は、大きく分けて4種類あります。材質によってそれぞれ特徴があり、近年では従来の外壁材より耐久性の高い素材として登場した金属系サイディングの「ガルバニウム鋼材」が人気です。その特徴から外壁だけではなく、軽量屋根材としても多く利用されている素材です。

CHECK POINT
CHECK POINT
サイディングの張り替えを
検討するにあたって

サイディングが登場する以前では、砂とセメントを混ぜて作ったモルタルで外壁を仕上げるのが一般的でした。近年、サイディングの利用が多くなってはいますが、それぞれメリットデメリットがあります。それらの特徴をあるていど理解しておくことも外壁リフォームを失敗しないために必要なことです。実際の導入については専門業者に相談することになりますが、予備知識を持っておくことで商談もスムーズに進みます。

サイディングと塗装のメリットデメリット

メリット デメリット
サイディング(ボード) メリット
  • 塗装より耐久性がある
  • 工期が短い
  • 外壁の雰囲気を変えられる
  • 材質による特性を付与できる
  • 壁内のメンテナンスまで可能
  • 耐震性が高められる
デメリット
  • コーキングのメンテナンスは必要
モルタル メリット
  • 塗装より耐久性がある
  • 工期が短い
  • 外壁の雰囲気を変えられる
デメリット
  • ひび割れしやすい
  • 雨垂れなど汚れが目立ちやすい
  • 外壁の劣化が激しい時は塗装できない

※表は目安としてご覧ください。厳密には、それぞれ素材や、塗料によって特性が変わってきます。詳しくはお問い合わせください。

外壁サイディングの種類

外壁サイディングには大きく4種類、窯業系、金属系、木質系、樹脂系に分けることができます。それぞれ特徴があります。現在、主流なのは、窯業系と金属系になり、さらにその中で、近年高い人気を誇る、金属系サイディングの「ガルバニウム鋼板」があります。

窯業系サイディング
窯業系サイディング
製品例)ニチハ イフーカ プレミアム

サイディングで一番普及しているのが窯業系サイディングです。

  • ・デザインやカラーが豊富
  • ・比較的メンテナンスに手間がかかりません
    (防水性が低いため塗装が必要です。)
  • ・耐火性に優れています。
金属系サイディング
金属系サイディング
製品例)ニチハ NS型 ネオスパン プレミアム

金属系サイディングの中でも材質によって、それぞれ異なる特性を持っています。

  • ・断熱性が高い
  • ・防音性に優れている
  • ・凍結に強い
  • ・ひび割れに強い
  • ・耐震性が高い
樹脂系サイディング
樹脂系サイディング
製品例)アサヒトステム オレゴンプライド

他の外壁材と比べてもとても高機能な外壁材です。耐久性とメンテナンスの高さから今後普及するともいわれています。

木質系サイディング
木質系サイディング

天然木素材の温かみが特徴です。耐久性とメンテナンスの高さから今後普及するともいわれています。

塗装?サイディングの種類? 迷うことがいっぱい!

平野塗装 株式会社は、サイディングの張り替え、塗装のどちらでもご提案することが可能です。建物の状況も踏まえ、総合的に考えお客さまにとって最適な外壁リフォームをご提案させていただきます。サイディングの種類を選ぶにも、専門知識がないと非常に難しい判断になります。サイディング張り替えのプロである弊社に先ずはご相談ください。

塗装?サイディングの種類?迷うことがいっぱい!

さまざまな建物の外壁修繕を行ってきた経験をもとに、お客様に最適なご提案をいたします。
サイディングの張り替えをご検討であれば、是非当社へご相談ください。

お問い合わせ
Reform02

ガルバリウム鋼板への
張り替え(外壁/屋根)

最近よく目にする黒い外観の住宅の外壁材の多くはガルバニウム鋼板です。
ガルバリウム鋼板は、金属サイディングに属するもので、近年最も人気があるサイディングです。人気の理由は、その高い耐久性にあります。一般的には25年から35年の耐用年数といわれており、他のサイディングに比べてもメンテナンスに手間がかかりません。
また、外壁だけでなく屋根にも用いられており、金属屋根の多くはガルバリウム鋼板を使っています。

CHECK POINT
CHECK POINT
ガルバリウム鋼板が
人気である理由

外壁材として完璧とまでは行きませんが、金属性サイディングの中では、最もコストパフォーマンスに優れている外壁材です。
デザイン性の高さも選ばれる理由の一つです。余分な装飾がなくすっきりとしたデザインを好まれる方にはおすすめの外壁材です。

金属系サイディングの素材別特徴

ガルバリウム鋼板
耐用年数が長い、サビに強い、耐震性に優れている、そこまで高くない価格
塗装溶融亜鉛めっき鋼板
防・耐火性、耐久性に優れている
アルミニウム合金塗装板
耐震性が高い、価格が比較的安価であるが、強度が低く夏場があつい
ステンレス鋼板
耐食性、耐久性、錆びにくい等、性能面は優れているが価格が高い
今の外壁(モルタル)から、金属サイディングに変更できる?

技術的には可能です。しかし、サイディングの導入判断は建物の状態によるところが大きく、お話だけでは判断できません。調査をご依頼ください。
また、この工事のメリットとしては、外壁の下地の状態を確認することができるので、傷んでいる土台や柱などがあった場合は、修繕も一緒に行うことで、外壁周りをしっかりリフォームすることがでいます。

今の外壁(モルタル)から、金属サイディングに変更できる?

ガルバリウム鋼板への張り替えをご検討であれば、是非当社へご相談ください。

お問い合わせ
Reform03

防水工事(屋根/ベランダ/バルコニー)

防水工事(屋根/ベランダ/バルコニー)

一般的な戸建て住宅で防水工事が必要な部位は、陸屋根(平らな屋根)の場合と、ベランダ、バルコニー等です。水の侵入を防ぐ防水層は時間とともに劣化しますので定期的にメンテナンスが必要です。住宅の立っている環境により、時間の長さだけでメンテナンス時期を決めるのは難しいです。以下のような症状があらわれたときは防水工事をご検討ください。
屋根のメンテナンスについては、防水工事だけなくカバー工法もございます。
こちらもあわせてご覧ください。

症状と修繕内容

  • 防水層に、細かなひびが入ってきている。防水層が、剥がれかけている。
    • 防水層(グレーの面)に、細かなひびが入ってきている。
    • 防水層(グレーの面)が、剥がれかけている。(下地(茶色っぽい面)が見えかけている)

    修繕内容防水層の再構築(防水材の塗装)

    • 防水層(グレーの面)が、部分的に剥がれている。

    修繕内容部分的な補修と防水層の再構築(防水材の塗装)

  • 防水層の多くが剥がれてしまっている。防水層に穴が開いている。大きなヒビが入っている。防水面に膨らんだ箇所がある。
    • 防水層(グレーの面)の多くが剥がれてしまっている。
    • 防水層(グレーの面)に穴が開いている。大きなヒビが入っている。
    • 防水面に膨らんだ箇所がある。

    修繕内容防水の全面的なやり直しをおすすめします。

防水工事は建物の状況に合わせて、どのような工法でどんな素材を使って行うかが非常に重要です。防水工事をご検討であれば、是非、当社へご相談ください。

お問い合わせ
Reform04

軽量屋根への葺き替え

日本の住宅の屋根は、古くから瓦屋根が主流でした。瓦屋根ならではのメリットもありましたが、デメリットとして屋根が非常に重くなるため柱や梁に負担がかかり、地震の際に住宅が損傷しやすいことがあります。
このデメリットを解決する手段として、軽量屋根の需要が高まりました。主に樹脂でできた屋根材(カラーベスト)が用いられることが多かったのですが、近年ではより耐久性の高い金属屋根素材としてガルバニウム鋼板が人気となっています。

軽量屋根への葺き替え
カラーベスト
製品例)ケイミュー カラーベスト

カラーベスト

カラーベストは、「葺き替え」だけでなく、古い屋根の上に新しい屋根を重ねる「重ね葺き」も可能です。

軽量金属屋根瓦
製品例)栄四郎瓦 プラウドUU40G

軽量金属屋根瓦

ガルバリウム鋼板やステンレスを瓦状に加工した屋根素材です。日本古来の美しい意匠性はそのままに、破損やズレに強い金属屋根のメリットを取り入れることができます。

軽量金属屋根への葺き替えをご検討であれば、是非当社へご相談ください。

お問い合わせ
Reform05

カバー工法

カバー工法

古い屋根の上に新しい屋根を被せる工事方法です。屋根の葺き替えに比べ、古い屋根を撤去する必要がないので、費用と工期を抑えることが可能です。また、新しい屋根材を被せることで、防音性や断熱性が高まります。

建物の状況によってはカバー工法ができない場合もございます。
瓦屋根の住宅、屋根の下地が傷んでいる場合、特に雨漏りしている状況ですと下地が傷んでいる場合がほとんどですのでカバー工法は避けるべきです。
良いことばかりのようですが、もちろんデメリットもあります。屋根の重量が増しますので、耐震面についてはよく考えて施工する必要があります。

カバー工法をご検討であれば、是非当社へご相談ください。

お問い合わせ

ハリカエの強み

お客様一人一人に
最適提案をいたします

お客様一人一人に最適な提案をいたします

このホームページでおすすめする外壁リフォームは、張り替えが中心ではありますが、それに固執は致しません。張り替えの工法が、全ての住宅にとって最善とは限らないからです。実際の住宅と見て、お客様と相談し、最適な外壁リフォームをご提案させていただきます。

現場い!
建物の状況に応じて対応

現場に強い!建物の状況に応じて対応

実際、工事を進めるにあたり、元の外壁を取り外してみると建物の内部が水によって腐食してしまっていることがあります。当社では外壁の張り替え工事に係ることであれば、一貫して対応することがでいますので、予期せぬ事態が発生した場合でも、状況に応じて適切な対応が可能です。

地域密着
地元の業者に任せて安心

地域密着 地元の業者に任せて安心

住宅のメンテナンスの中でも外壁リフォームは金額も大きいので、信頼できる業者に頼むべきことです。インターネットで検索するとさまざまな業者が耳触りの良い謳い文句で気を引こうとしていますが、やはり、地元の業者が一番安心できるのではないでしょうか。

施工事例

お知らせ

  • 2023.12.31

    新年あけましておめでとうございます。

    お客様新年あけましておめでとうございます。本年も格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。

    新たな年が始まるこの時期に、

    お客様のニーズや要望を常に理解し、より良い商品やサービスを提供するために全力を尽くしてまいります。

    今年も私たちの目標は、お客様の満足度向上と共に、より良いビジネスの創造です。お客様の声に耳を傾け、意見やご要望を大切にしながら、より一層の品質向上を目指してまいります。

    新たな年が、お客様にとっても素晴らしい一年となりますよう心からお祈り申し上げます。どうぞ本年も、一層のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

    社員一同、お客様のご多幸とご繁栄を心から願っております。

    敬具

  • 2023.07.31

    【お詫び】お問い合わせフォームに関するお詫び

    サービスをご利用のお客様
    日頃より、サービスをご利用いただきありがとうございます。

     

    サービスの一部が正常にご利用いただけない状況が発生し、
    お客様には大変ご不便をおかけしました。誠に申し訳ございません。

    原因を調査いたしましたところ
    お問い合わせフォームから弊社に届くメールが
    迷惑メールとして誤判定されてしまう障害があり、
    不具合が発生したことが判明いたしました。

     

    すでに、
    不具合箇所の解消を完了させ
    正常に稼働しておりますので、ご安心ください。

     

    同様のトラブルの発生を防ぐため、
    現在、システムの見直しを勧めております。

     

    このたびは、
    お問い合わせフォーム
    サービスご利用にあたり
    多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

     

    今後も弊社への変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

     

    (株)平野塗装
    代表取締役平野裕司

     

    お急ぎの方はコチラ
    お問い合わせ
    フリーダイヤル
    0120-37-1425

  • 2022.12.13

    施工事例 追加

    施工事例を随時更新しています。こちらからご覧いただけます。

  • 2022.10.11

    平野塗装株式会社の新事業「ハリカエ」のホームページがオープン!